院長連載企画「地元のかかりつけ医として」

地域のかかりつけ医として皆様の健康の維持・増進に頑張ります。

だれもが病気になると、病院へ行きます。そんなとき、どこへ行くでしょうか。

最先端の情報と医療機器がそろっている大学病院や大規模な総合病院でしょうか。

いえいえ、最初はきっと、近くにあるかかりつけ医にいくはずです。かかりつけ医はみなさんの健康を守り、明るい生活を維持するための身近な相談相手です。

【複合的なケア】

現在の医療システムは、かかりつけ医を最初のステップとして想定しています。

風邪や腹痛、ちょっと気になる症状がある時や、年1回の健康診断。こういったものを担当するのが、地域にあるかかりつけ医です。

ここで治療が終わればいいですし、精密検査や入院・手術が必要となったら、かかりつけ医から中規模総合病院を紹介する形になります。

だったら、最初から中規模の総合病院へいくほうが1度で済んでいいじゃないか、と考えるかもしれません。

それもひとつの方法ですが、中規模とはいえ、総合病院には複数の診療科に複数の医師が在籍して治療にあたります。

複数のドクターは、患者さんの身体的な状況を的確に判断することはできても、家庭環境や精神面も含めた複合的なケアにはむきません。

患者さんが気軽に何でも相談できるのは、長年診療をしてきて信頼関係がある、かかりつけ医ではないでしょうか。

【治療後のフォローや検診】

大規模病院には大規模病院の必要性があり、中規模病院には中規模病院の存在理由があります。

かかりつけ医は、患者さんが治療を始めるきっかけになる存在です。

小さなクリニックには子どもから大人、高齢者の方まで幅広い年代の人がやってきます。1人1人に対して、きめ細かい配慮ができるのが、かかりつけ医の強みです。

時には症状に応じて大規模病院にご紹介することもあります。大きな病院での治療後のフォローや、定期検診などはかかりつけ医でまた担当させてもらう。

地域に根ざした医療というのは、病院ごとの役割分担や病院連携システムが出来上がっているから、うまく行くのです。

最初のきっかけになるかかりつけ医は、患者さんが来やすく、相談しやすいということがとても大事なのです。

【町のお医者さん】

町のお医者さんとして、小さなクリニックは今日も頑張っています。

患者さんみなさんが、明るく健康的な生活を送るための、手助けができればいいと思います。

私自身も「医者の不養生」はやめて、患者さんと同じく健康的な生活を送れるよう、努力を続けていきます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る