禁煙を成功させるコツ

ニコチン中毒も病気です。禁煙外来で一緒に治して行きましょう。

当院には禁煙外来があり、タバコをやめたいと思っている患者さまのサポートをしております。

タバコをやめたいと思いつつも、1人ではなかなかやめられないのが現実です。ニコチン依存症はれっきとした病気で、意志の強さだけでやめられるものではありません。お薬や専門家のアドバイスを受けつつ、一緒に成功させましょう。

【スタート日を自分で決める】

最初に、禁煙をする日をはっきりと決めましょう。

いつから始めてもいいのですが、禁煙中にもモチベーションが持続するように、自分とかかわりのある記念日をスタートにすると効果的です。

たとえば誕生日や年始、子どもが生まれるタイミングなどがちょうどいいですね。精神的に落ち着いている時は成功しやすいので、仕事が一段落した時やお盆休みなどもおすすめです。

今日からすぐ始めよう、と気張ってスタートするよりも、1週間ほど先を開始日に設定して、自分とタバコの関係についてよく考えるのも大事です。

禁煙を決心するには理由があります。始める理由を明確にすれば、禁煙途中の苦しい時も「こういう理由だから、成功するまでがんばろう」と思えるのです。

【吸いたくなるタイミングを知る】

禁煙を始める前に、自分がいつタバコを吸いたくなるか書き出してみましょう。こういった作業もいったん禁煙を始めるとやりにくくなりますので、スタート以前にやっておくといいのです。

メモ書き程度でかまいませんので、自分がタバコを吸っているタイミングを書き出します。すると「なぜ吸いたくなるのか」が分かってきます。

ストレスが強い時に吸いたくなる、リラックスタイムにタバコが欠かせない、などです。自分の喫煙傾向が分かると、どのタイミングで喫煙を我慢すればいいのかが、はっきりしてきます。

アルコールとタバコがセットになっていることも多いので、禁煙を始めたらお酒の場をひかえることも大事です。

【離脱症状は専門家と乗り切る】

禁煙を始めたら、つらいのが離脱症状。始めて3日くらいから離脱症状の強い時です。この時は軽い運動や、冷たいお茶や熱いものを飲むことで気をまぎらわせましょう。散歩やストレッチが効果的です。

離脱症状がなくなっても、吸いたい気持ちは完全になくなりません。この時期は、定期的に通院して相談することで、気持ちを落ち着かせて禁煙が続くようにつとめましょう。

ひとりで禁煙をしていると、このあたりが非常につらいところです。挫折してしまいがちなタイミングですので、専門家に相談して具体的なアドバイスを受けたり、1人ではないと感じたりすることで、最終的な禁煙の成功につながります。

禁煙が成功したと思っても、まだ油断はできません。ストレスやちょっとしたタイミングで、また吸いたくなります。喫煙再開のブレーキにするためにも、きちんと禁煙外来に通院して、定期的なチェックを受けましょう。

【吸ってしまったら、また禁煙を】

こうやって禁煙しても、数年後にまた喫煙が始まってしまうことがあります。これも仕方がないことで、吸い始めたら、また禁煙をすればいいのです。一度できた禁煙は、かならずもう一度やれます。1人で悩まずに、お気軽にご相談ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る