胃カメラは口からがいいか、鼻からがいいか

胃カメラは鼻と口どちらから入れるのが良いか

患者さまからよく受ける質問に「胃カメラは口からが楽か、鼻からが楽か?」というのがあります。

当院では、従来通りの口からの胃カメラ(内視鏡)と鼻からの胃カメラの両方をそなえておりますが、どちらにもメリット・デメリットがありますので、気になる患者さまはお気軽にご相談ください。

口からカメラのメリット・デメリット

胃カメラを使う目的は、胃がんや胃潰瘍、十二指腸潰瘍の有無を見ることです。胃の状態について正確な判断を下すことができます。

口から入れるカメラは、検査時間が短いのがメリットです。鼻の通りが悪かったり、鼻がせまくてカメラが通りにくかったりする患者さまには、あらかじめ口からのカメラをおすすめしています。

デメリットとしては、カメラがのどを通る時に、反射でどうしても吐き気が出ます。この吐き気が苦手で、という患者さまのために、当院では鎮静剤の使用も可能です。患者さまはうとうとしている間に検査が終わっていることになります。

鎮静剤を使うメリットは

鎮静剤といっても、眠ってしまうほどの量は使いません。患者さまは意識があり、のどや体の緊張が少なくて苦痛が少なくて済むのがメリットです。

鎮静剤を使っても苦しい時は、看護師が背中をさすったり声かけをしたりして、少しでも負担が減るようにして検査を進めていきます。

適切な量の鎮静剤ですが、検査後は1時間ほどベッドで休んでいただく必要があります。検査当日は鎮静剤の影響が残るため、車やバイクの運転、細かい作業はできない点はご了承ください。

鼻からカメラのデメリットは

鼻からカメラのメリットは、「経鼻内視鏡(鼻から入れる胃カメラ)」で説明いたしましたが、吐き気が少なく、検査後に休む必要がないことです。

そのまま帰宅できることは大きいですね。のどをふさがないので検査中も医師と話ができ、自分の胃の状態をモニターで確認することができます。

デメリットは、鼻の中が狭いとカメラが入りにくいこと、鼻血や痛みが出るケースがあるなどです。検査前の準備も必要で、トータルの検査時間は長くなります。

ごく細いカメラですが、異物が侵入することに変わりはありません。吐き気や苦痛がまったくないとは言えませんが、以前に口からの胃カメラで非常に苦しかった患者さまによれば、鼻からのカメラのほうがうんと楽だと言われます。

無痛ではありませんが、負担の少ない胃カメラとお考えいただくといいでしょう。

ピロリ菌検査もご一緒に

胃カメラでの検査時には、ピロリ菌の検査も受けることができます。

ピロリ菌は、胃がんや胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの病気の発生・進行と深いかかわりがあると言われる菌です。日本では40歳以上の人は70%の感染率があるといい、ピロリ菌に感染すると胃の老化現象が進み、がんの発生リスクが高まります。気になっている方は検査の前にお申し出ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る