漢方事始め

漢方治療に関しては、いろいろな疑問点が患者さまにもあるかと思われます。ここでは、一般的に「漢方治療、漢方薬」について良く尋ねられることを挙げてみましょう。

漢方薬は一般的に「効果が出るまで時間がかかる」と言われますが、そうでもありません。風邪などに場合は、服用後しばらくすれば効果が実感できるはずです。効果が出るまでの時間は、西洋薬とほとんど変わりません。

ただし慢性疾患に関しては体質改善が治療法になりますので、経験豊富な医師の指導のもと(自画自賛ではありませんが(笑))根気よく、じっくりと服薬をつづけていく必要があります。そう言う意味では、「漢方薬は時間がかかる」というイメージもまったく間違っているわけではありませんね。

ご注意頂きたいのは、漢方薬も西洋薬も、ある人に処方された薬を他の人が服用してはいけません。たとえ家族でも、いけません。

なぜなら、特に漢方薬は個人の体質に合わせて処方しております。したがって同じ風邪症状にたいしても、葛根湯(かっこんとう)を使うこともあれば、桂枝湯(けいしとう)を使うこともあります。これを「同病異治」といいます。

体質が異なる人が、他の人の漢方薬を服用しても十分な効果が得られないため、家族間でも他の人の漢方薬を飲むのはいけないのです。逆に病名が違っても、同じ漢方薬を使って治療することもあり、これを「異病同治」といいます。

このように漢方治療の基本は個人の体質や病状に合わせて細かく漢方薬を選んでいく、オーダーメードな治療法なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る