経鼻内視鏡(鼻から入れる胃カメラ)

経鼻内視鏡検査とは、先端に高性能カメラがついた細いチューブ(5mm程度)を鼻から挿入し、食道・胃・十二指腸を観察する検査です。従来から「胃カメラは苦しい」といわれる患者さまには、経鼻内視鏡(鼻から入れる胃カメラ)をおすすめしております。

経鼻内視鏡を使うメリットは、

  1.  苦しくない→直径が約5mmのカメラですので、検査中の苦痛を軽減できます。
  2.  吐き気が起きにくい→内視鏡が舌のつけ根を通らず、のどにふれることもないので、患者さまは吐き気や不快をあまり感じずに検査を受けることができます。
  3.  会話ができる→喉をふさぎませんので、検査中も会話が可能です。医師に質問をしたいときや、気分が悪くなったら、自由にお話ができます。安心ですね。

*当院では、JVCS社製 経鼻内視鏡 JD9(型式)を使用しています。

「検査の流れ」

1. 検査前日

前日の午後9時以降から検査終了までは何も飲食しないで下さい。水分は適度にとっても結構ですが、水以外は飲まないで下さい。なお、就寝前に薬を服用している方は、いつものようにお飲み下さい。

2. 検査当日

検査が終わるまで何も飲食しないで下さい。薬は検査後に服用し、タバコは吸わないで下さい。

3. 検査前準備

まず、胃の中の泡をとる薬を飲みます。両鼻に、粘膜をひろげる薬を噴霧し、約5分おきます。その後、どちらか片側の鼻腔に麻酔を流しこみ、カメラと同じ太さ(約5㎜)のカテーテルを挿入します。

4. 検査

検査は約15分で終わります。検査後に診察があります。当日は、なるべくゆったりした服装で来院してください。

5. 検査後

麻酔は検査後も約30分は効いています。飲食、喫煙はしないでください。組織をとって検査をした場合は、2~3日間、刺激のある食べものは避けて下さい。検査結果は約2週間で分かります。

検査中に色素液を散布した場合は、後で尿に色がつく事があります。心配いりません。なお、検査後にひどい痛みがある時や黒い便が出たりした時には、すぐに来院するかお電話で連絡して下さい。

 

「ご注意ください」

*細いとはいえ、カメラが鼻腔(鼻の中のすきま)や咽頭(のど)を通過します。麻酔をしても、飲み込む時に鼻の奥がこすれる感じや、飲み込むときの違和感、痛みをまったく感じないわけではありません。

*当日の患者さまの容体や鼻腔内の状態によっては、鼻からの挿入ができない場合や、処置に的な差に場合があります。

*通常の経口胃カメラをご希望の患者さまには、従来通りの咽喉経由のカメラを使用いたします。

*高血圧、心臓病、緑内障、前立腺肥大のある方は申し出てください。

詳しいことや気になることは、診察時に医師とご相談ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る